葬儀の流れ

葬儀フローチャート ご臨終 ご安置・打合せ 準備 お通夜 葬儀・告別式 帰骨 法要 葬儀後には

ご臨終を迎えて

もしもの時は当社・ベル株式会社に電話でご相談下さい。
経験豊かなスタッフが24時間年中無休で受付けておりますのですぐに御伺いします。

病院で亡くなられた場合 ご自宅・不慮の事故で亡くなられた場合(東京23区)

死亡診断書(死体検案書)が発行されますと、今いる病院や警察署から自宅や斎場霊安室までお連れすることが出来ます。
また、どこか立ち寄りたい故人ゆかりの場所等、ご希望などがありましたら何なりとお話下さい。
ベル株式会社は搬送経路を考慮させていただきます。

ご自宅・不慮の事故で亡くなられた場合~警察の扱いについて~

自宅や路上、病院に搬送され24時間以内で亡くなった場合、原則的には警視庁・警察が介入し検視を行います。
これは故人が事件などに巻き込まれていないかを調べる為です。そして死亡診断書については東京都23区内では原則的に監察医務院による検案制度において発行されます。
(当社は警視庁職員互助組合指定を受け、各警視庁・警察署の検案にも立会いますのでご安心下さい。)

ページトップへ

安置

まずは希望のお帰り先をお考えいただきます。親戚への訃報は故人を安置後、落ち着いてからでよろしいでしょう。
また、住宅事情によりご自宅へお連れするのが難しい方はご相談下さい。希望に沿った安置場所をご紹介致します。

故人は先で述べたように自宅、もしくは安置所にご安置いたします。
まず先決に考えていただきたいのは故人のお身体の事です。冬だから平気とお考えになる方が多いようですが正確には平気とは言い切れません。これは生前の病歴や投薬、体格や環境により腐敗の進行に故人差がでるからです。
ドライアイスでの保冷処置を早めにする必要がございます。

当社・ベル株式会社では、第一に故人の身体を考慮し、無事にご自宅へお連れする事を約束します。
全国どこへでも搬送は可能です。
搬送にかかる費用は

距離による寝台車料金+高速道路料金または有料道路料金+ドライアイス料金+人件費 長距離搬送サービス・24時間年中無休です

となります。
場所や地域などのお話を御伺いして距離を計算し、お見積りさせていただきます。
また国内外の空輸手配も可能です

ページトップへ

打ち合わせ

葬儀を行う上でまず大事なのが皆様の希望です。大切な方との大事なお別れとなる訳ですからどんな式にしたいのか?それは祭壇の大きさや会葬者の数など規模の話ではなく、どのように故人を偲ぶのかです。
例えば家族葬にも宗教色を出し、寺院とご家族でしっかりとお勤めして戴くのか、もしくは家族だけでゆっくりと傍についてあげるのかなど、各家族によって様々だと思います。まずその旨を当社スタッフに伝えて下さい。お気持ちをくみ取り、家族の方の希望に沿う形で葬儀を提案させていただきます。
※菩提寺がある場合は後日納骨する関係上、訃報や趣旨は必ず連絡します。

予備知識として葬儀にかかるもの(葬儀費用)にはこういうものがあります。

葬儀費用について

当社・ベル株式会社では火葬費や車輌関係、寺院以外の費用がパックの家族葬、一日葬などの葬儀プランをご用意しております。
変動費用(料理、香典返しなど)は葬儀当日の会葬者数により追加対応がございますので受注分の見積り対応となります。

打ち合わせに入る際にまず菩提寺,手次寺(先祖のお墓がある寺院)へすぐに連絡をとります。
菩提寺がなかったり、宗派が分からない時は親戚の年長者に尋ねるなどして、宗派だけでも確認します。
宗派が分かれば、当社にて寺院をご紹介します。
導師のご都合を確認したら、当社のスタッフで葬儀式場や、火葬場の使用できる時間を確認します。

遺影に選ぶ写真は昔の写真でも結構です。本人らしい表情の良いものを選びましょう。
ページトップへ

通夜

お通夜とは、本来は家族や親しい人が集まり一晩中灯りをともして、お線香をたいて故人を惜しんで過ごす事でした。現在では、家族や近親者が故人とともに夜通し過ごします。お通夜というのは正式な儀式ではないので、厳密なしきたり等はありませんが、血縁の近い人から故人のそばに着きます。
下記は一般的な貸し式場で仏式にて通夜を執り行った際の流れの一例です。家族葬の流れも同様となります。

一例

式場によって家族葬はできるが泊まれる所、泊まれない所があります。
また近年では消防署の指導などにより21:00以降は消灯することになっています。
家族の故人に対する御気持ちもあるでしょうが、一晩中ついていて疲労が重なるのであれば翌日の葬儀・告別式に備えてお身体を休めるのも大事だと思います。

ページトップへ

葬儀・告別式

現在、葬儀と告別式は「葬儀・告別式」として一緒に行われるのがほとんどです。
そもそもこの2つは別物だということを知らない人も多いのではないでしょうか。本来、葬儀とは故人をこの世からあの世へ送る宗教的儀式のことで、遺族や近親者が営むものです。一方、告別式は友人や知人が故人とお別れをする場です。最近では、告別式が葬儀の中心的儀礼になっていますが、昔は告別式がなく、葬儀のみが営まれていました。こうした変化は、会葬者を故人を送る者から故人に別れを告げる者に、遺族の立場は故人を弔うだけのものから参列者にお礼の気持ちを表すものになった結果といえるでしょう。

一例 葬儀・告別式

10時から11時の葬儀・告別式とした場合の例です。
上記の時間は11時の火葬を予約し、逆算して1時間の開式とした場合です。
また弔辞や喪主挨拶、によって時間も多少変わってきます。
弔電を奉読する事もありますが、一般的には遠方や都合により会葬出来ない方が喪主に宛てたものですので、奉読はしないで故人とのお別れの時間をとるという事も多くなっています。

※棺のなかにお花の他に故人の愛用だったものなどを入れてあげる際には、燃えにくいものや御骨に影響がでてしまうものなどがございます。必ずスタッフに確認いたしましょう。

ページトップへ

出棺・帰骨

上記の時間にて出棺した場合の例

告別式終了後、出棺となります。
ほとんどの会葬者はこの場でお見送りとなり火葬場への随行は霊柩車やハイヤーに寺院と遺族、マイクロバスや自家用車に親族が乗車します。

自家用車を出される方は事前に火葬場の駐車場や道のりの関係上、霊柩車とマイクロバスとの間に入っていただくなどの対応がありますので事前に当社スタッフにてご案内します。

荼毘に付している時間は個人差もありますが約1時間です。
その間は火葬場の控室にて待ちます。お待ちになる間は御茶菓子を注文することもできます。
火葬からご収骨までの事務手続きなどは全て、当社スタッフが代行いたします。

ページトップへ

法要

法要

仏式の場合、火葬場から葬儀を行った式場へ戻り、遺骨を「後飾り祭壇」に安置します。
精進落としの前に繰り上げ初七日法要を営みます。
また最近では、葬儀の式中に繰り上げ初七日法要を合わせて行うことも多くあります。

その後、親族の長寿者や親族の代表者から献杯の発声後、精進落としとなります。

「精進落とし」とは、喪家がお葬儀列席者や関係者の労をねぎらうための宴席で、魚や肉類などのなま物は使いませんでしたが、現在は料理としてお出ししています。席次は上座に導師、賓客が座り、喪主、御遺族は下座に座るように配慮します。
※自宅では納骨までの後飾り祭壇にて供養していただきます。

ページトップへ
葬儀後には

挨拶回り

香典返しの準備、香典帳の整理

埋葬、49日法要の準備

国民年金、生命保険などの各種手続き、故人の身辺整理

ほかさまざまな事がございますが、ご連絡いただければ位牌の手配、埋葬の準備、法要についてのお打ち合わせに参ります。
また各種手続きチェック表をお渡ししたうえで手続きに関してもご相談させていただきます。(弁護士・税理士へのご紹介も可能です)
アフターフォローも充実しています。

葬儀後の手続
書類のダウンロード
別ウィンドウが開きます
ページトップへ
その他

区役所の扱いについて

ある特定の方に限り、区役所から葬祭費が出る制度を受ける事が出来ます。
葬祭費といいましても一般的に知られる通夜、告別式の費用という事ではなく、火葬式のみを執り行う為に必要になる費用です。
寺院はもちろんの事お花や、遺影(写真)等のオプションは一切なく経済的に苦しい方に適用される制度です。

ではどのような場合に適用されるのか?

故人が生活保護受給者の場合

基本的に故人が生活保護を受けていても、遺族に経済力がある際は区役所から葬祭費が出ないのが一般的です。
なぜなら生活をする為の保護をする制度でありその内容に葬祭までは含まれていないからです。
しかし遺族も経済的に苦しい時は区役所側も相談に応じてくれるので葬祭に必要な費用の減額(割引券のような物)が出来る証明書を発行してくれたり全額を負担してくれるケースも多々あります。
当社では役所と遺族の間に入って書類のやり取りや火葬までのお手伝いをさせて頂いております。

遺族が生活保護受給者の場合

基本的に残された遺族が生活保護を受けていれば、経済的な事情を区役所が把握していますので相談すれば応じてくれるのが一般的であり(遺族が他にも居る場合を除く)区役所が葬祭費を全額負担するケースがほとんどです。

遺族に葬祭費を出す経済力が無い場合

葬祭が出来ないといっても、そのままにしておく訳にもいきませんので相談に応じて下さいます。ただし遺族が本当に生活苦で悩んでいるか等の事情を聞かれた上で区役所の判断になります。
葬祭費一切を遺族側で負担になるケースも多いですが葬祭に必要な費用の減額(割引券のような物)が出来る証明書を発行してくれたり、葬祭費全額を負担してくれるケースもあります。

遺族が故人を引き取らない場合

家庭の事情により故人を引き取れない時は、故人についての一切を区役所に任せる形になります。その際は当然区役所から葬祭費全額が出ますが遺族側に故人についての権限(故人の持っている遺留金・遺留品等を含む)が無くなってしまいます。

他にも色々な事情により思い通りにならない場合につきましても、当社は柔軟に対応させて頂きますのでご相談ください。

土、日、祭日または夜間などで区役所に相談できない場合

土、日、祭日、夜間は区役所が休みなので相談が出来ない状態ですが、そんな時は当社にご連絡頂ければお迎えに伺いドライアイスの処置や最終的に火葬する火葬場の霊安室まで搬送、遺族が区役所に相談するまで安置する事も可能です。遺族が区役所に相談してから、その結果に伴ったご案内を致します。

故人を自宅に連れて帰れない時

東京都23区内の住宅事情では、故人様を自宅に連れ帰る事が大変難しくなっております。自宅の間取りが狭く棺が通らないですとか、自宅に帰っても誰も居ない等で最終的に火葬する火葬場の霊安室を借りる方が一般的になっております。(設備も整っており故人様の身体を守る事も出来ます)霊安室まで搬送、棺に納めて安置までお手伝い致します。

すぐには故人の元へ来れない時

当社で故人様の居る所まで迎えに行き、最終的に火葬する火葬場の霊安室まで搬送、棺に納めて安置まで賜ります。火葬式の打ち合わせにつきましては電話でも賜りますので火葬式当日に時間に合わせて来て頂くだけで済ます事も出来ます。

火葬日当日に立ち会えない時

身体や家庭の都合でどうしても火葬式に立ち会えない時は、当社が遺族の代わりに立ち合い火葬を済ませた後、遺骨を預かっておく事も出来ます。その際は都合の良い時に迎えに来て頂く事になります。

火葬後、遺骨を納めるお墓がない場合

遺骨を納めるお墓が無く購入する資金も無くどうしたら良いのかとお悩みの際、区役所に相談して頂く事になりますが区役所から出る葬祭予算内で1年間当社提携の寺院にて預かり、その後は合葬(遺骨を土に還す)という案内ができます。
1年以内であれば遺骨をお渡しする事も出来ます。

区役所の扱いといいましても実際に相談するのは福祉事務所です。東京23区では区役所に福祉事務所がない区もたくさんございます。当社ではどこに相談したら良いのか等も案内し、書類のやり取りから火葬までのお手伝いをさせて頂いております。
他にも色々なケースがございますので、お問い合わせ頂ければそれに伴ったご案内と区役所との相談内容について説明致します。